【ネタバレ厳禁】ラスト5分で衝撃の結末の映画3選

2022年も半分が過ぎようとしている、今日この頃。

この半年間あなたは何をしていましたか?

印象深い体験はありましたか?

誰かに話したくなるような出来事はありましたか?

代わり映えのない毎日を惰性で無為に過ごしてはいませんか?

そんなあなたにオススメしたいのが映画

そうです映画を見るのです

今回はラスト5分で衝撃の結末の映画3選です。

 

 

 

シックスセンス

直訳して第六感。1999年公開のアメリカ映画。

物語の主軸となる幽霊が見える少年は
そのことでクラスメートや母親から虚言癖扱いされていた。
「幽霊はいる」と言い張る少年を精神科医が調査を始めると……。

簡潔に言えば、死者が見える少年と彼をサポートする小児精神科医の話。
この映画の上手いところは観客に幽霊の有無を考えさせるところ。

幽霊はいるの? いないの?
この男の子が見ているのは何?
男の子は異常? 正常? 集団催眠?

若き日のブルース・ウィリスにも注目だけど、
ぜひとも幽霊の有無を考えながら見てほしい。


www.youtube.com

 

イニシエーション・ラブ

2015年公開の邦画。

舞台は1980年代の静岡。
大学時代に合コンで知り合った彼女と就職後遠距離恋愛になった主人公。
そんな中、主人公は職場の女性からアプローチを受ける。
果たして主人公はどちらになびくのか……。

原作は作家の乾くるみさんの『イニシエーション・ラブ』。
AKB48前田敦子さんの出演でも話題になりましたね。

物語の構成や話の進め方などは純粋なラブストーリーなので、
どんでん返しを期待する方だけでなく、
恋愛ドラマが好きな方でも十分楽しめるかと思います。

 

ちなみにイニシエーション(initiation)とは通過儀礼のこと。


www.youtube.com

 

ミスト

2008年公開の洋画。

スーパーに買い物に行った主人公。気付くと店は深い霧に覆われる。
霧に乗じて店内に入ってくる人を襲う謎の生き物。
助けを待とうにも誰も来ず。
果たして終わりは来るのだろうか……。

スティーヴン・キングの『霧』を原作にした当映画。
カテゴリー分けするならSFパニックとかになるのだろうが、
この映画にはとりわけSFパニックで収まらない部分が多くある。

霧から出てきた昆虫のような謎の生き物の存在を知ったことで、
ガラス扉に棚を寄せバリケードを作り出す者、
店の隅で身を縮こまらせ泣く者、
待っていれば絶対に助けが来ると信じる者、
待っていても助けは来ないと自ら霧へ出ていく者、
突然、教祖のように「これは天災だ」と言い出す者、
考えることをあきらめ根拠のない意見に賛同する者。

どうにもならない事態に直面した時の人々の動きと、
それにより出来上がる一つのコミュニティーが上手に描かれている。

またラストは圧巻で、私自身多くの映画を見てきましたがこれを超えるどんでん返しはまだ見ていない。

深い霧が覆われたスーパーの中で自分ならどうするか?
そこも考えながら見てみるといいだろう。


www.youtube.com

 

 

おわりに

今回紹介した映画はすべてラスト5分が秀逸なもの。

他にもどんでん返しで言うと「エスター」や「SAW」「セブン」メメント」などもありますが、それらはまた別の時に。

機会があったら見てください。